郡市野球 » 記事詳細

南総パイレーツ・ブラボーズ 那古ファイヤーズ・県職安房 4強入り

ベスト4をかけて残暑の中の熱戦=館山運動公園で

深紅の優勝旗かけて25日に激突

安房郡市社会人野球大会の6日目は11日、館山運動公園で準々決勝4試合が行われた。南総パイレーツ、那古ファイヤーズ、ブラボーズ、県職安房が、4強に勝ち進んだ。準決勝、決勝は25日に開催される。

パイレーツは、エース・越井投手の好投に打線が応えて、南房総市役所に逆転勝利。那古は、バッターズの攻撃を1点に抑えて、8―1で貫禄の勝利をおさめた。

ブラボーズは、大野、松尾の見事な投手リレーでGO―UPに完封勝利。県職安房は、昨年準優勝のコスモスに8―4と打ち勝ってベスト4に名乗りをあげた。

25日の大会最終日には、同公園球場で4強が激突。準決勝2試合後、決勝戦があり、今年の安房チャンピオンが決まる。

〈11日の結果〉

【館山運動公園球場】

南房総市役所

0010000 1

000051X 6

南総パイレーツ

(南)忍足、関、林―林、関

(パ)越井―座間、平柳

▽二塁打=根橋(パ)

【審】渡辺勝、平嶋、児玉

【戦評】 南総パイレーツ・越井投手、南房総市役所・忍足投手とも、順調な立ち上がり。南房総市役所は三回、内野の失策につけこみ、二、三盗、スクイズで1点先取したが、その後は白井の1安打のみに抑えこまれ敗退。南総パイレーツは、忍足投手に近藤、越井の2安打のみだったが、五回突如の制球の乱れに乗じて、4四球とワイルドピッチ、失策で4点と逆転。交代した関、林投手からも根橋のタイムリー二塁打等で追加点をもぎ取り逆転勝利は見事。次戦も大いに期待したい。


那古ファイヤーズ

0202013 8

0001000 1

バッターズ

(那)小柴―鈴木美

(バ)岡本、吉岡、森―吉岡、鬼沢

▽二塁打=鈴木美、古屋(那)近藤(バ)

【審】鈴木典、佐藤、鈴木和

【戦評】那古ファイヤーズは二回、無死満塁として2死後、内野エラーで2点を先取。四回に、四球と羽山の安打、鈴木美の二塁打で2点、六回に1点、七回に2個の四球と古屋の二塁打、小柴の安打で3点を追加。一方、バッターズは四回、1死満塁としフィルダースチョイスで1点を返すも、以後はランナーを出すも得点に至らず残念ながら敗退。


GO―UP

0000000 0

000003X 3

ブラボーズ

(G)星野裕、星野純―林大

(ブ)大野、松尾―山田

【審】神作、松本、山岡

【戦評】GO―UP・星野裕、ブラボーズ・大野両投手は、安打を許さず5回まで息づまる投手戦。六回GO―UPは、四死球に盗塁で無死二、三塁のチャンス。しかし、ブラボーズは、投飛で1死とし、さらに松尾投手を送り込み、三振、二飛で、切り抜ける。その裏、四球に盗塁、犠打をからめ、掘込のタイムリー、さらに、寺本の安打、代わった星野純投手にも松尾の2点タイムリーで計3点をあげ、見事な投手リレーで堂々のベスト4に進出。GO―UPは最終回、早川裕の安打で意地を見せた。


コスモス

1100110 4

230300X 8

県職安房

(コ)鈴木康、中村健―高木

(県)白井―八木澤

▽三塁打=小林(コ)▽二塁打=笠貫(コ)

【審】吉田茂、川名、磯部

【戦評】コスモスは序盤、宇畑の安打にワイルドピッチ、鈴木康のタイムリーで計2点、中盤も中村健、小林、鈴木康の安打、笠貫の二塁打で計2点、最終回も二、三塁と攻めたが、及ばず敗れた。県職安房は、鈴木康、中村健両投手に四球をからめ、瀬谷、三瓶、白井の安打を浴びせて5点と逆転し、その後も八木澤、瀬谷、白井と攻撃の手を緩めず、合計8得点。白井投手の粘り強い投球で、4強進出を決める。


【写真説明】ベスト4をかけて残暑の中の熱戦=館山運動公園で

11年9月12日 24,142
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved