郡市野球 » 記事詳細
4日目第2試合の攻防=館山運動公園

安房郡市社会人野球大会の4日目が2日、館山運動公園であり、館山スタリオンズ、船形クラブ、和田TAIKYO、岩井SOULが8強入りした。23日には同運動公園で3回戦4試合が予定されている。

〈2日の結果〉

【館山運動公園】

レジスタンス

1000000 1

120012X 6

館山スタリオンズ

(レ)黒澤―丸山

(館)朝倉―沼里

▽二塁打=加藤賢(ス)

【審】渡邉正、岡田、田中、座間

【戦評】レジスタンスは初回、四球のランナーを丸山の犠牲フライでかえし先制。その裏、館山スタリオンズは、鈴木鉄の安打と加藤賢の二塁打で同点。二回も2つの四球と3本の安打を集中して逆転に成功。五回、六回にも効率良く追加点を入れて、朝倉投手の好投で完勝。


船形クラブ

4010000 5

0000001 1

海自館山

(船)三平―鈴木里

(海)八嶋、高橋―山下

▽三塁打=桝井、藤島(海)▽二塁打=芳賀(船)

【審】神作、井田、渡邉勝、久保

【戦評】船形クラブは初回、2死から打者10人の猛攻で4点を先取し、試合の主導権を握る。三回にも2死三塁で三平のタイムリー安打で1点追加し、勝利を決定的にした。海自館山は七回、桝井の三塁打で1点をかえしたが序盤の失点が大きく反撃届かず。


和田TAIKYO

42011 8

10000 1

南総パイレーツ

(五回コールド)

(和)中山―松本

(南)黒政―平?

▽三塁打=黒川(和)▽二塁打=中山、加藤(和)

【審】座間、田中、井田、渡邉正

【戦評】和田TAIKYOは初回、先頭打者中山の二塁打を足掛かりに、二之宮良の安打、黒川の三塁打で4点を入れて試合の主導権を取る。二、四、五回にも加点しコールドで快勝。南総パイレーツは、相手中山投手に散発2安打に抑えられ完敗だった。


ドリームドッグス

120000 3

402301 10

岩井SOUL

(ド)加藤、出口―横尾、平嶋

(岩)伊藤、渡邉真―渡辺由

▽二塁打=長田、小沢(岩)

【審】渡邉勝、鈴木篤、神作、岡田

【戦評】ドリームドッグスは初回、畠山、宮久地の安打で先制。その裏、岩井SOULは2番川名の安打を足掛かりに2死四球を絡め小沢の二塁打などで4点を入れて逆転。ドリームドッグスは二回、3つの四球に相手エラーが絡んで2点をかえしたが、その後は伊藤投手に抑えられ追加点が取れなかった。岩井SOULは、三回に2点、四回に3点追加し、六回には長田の二塁打で1点を入れてコールド勝ち。


【写真説明】4日目第2試合の攻防=館山運動公園

9月3日20時00分 1,237
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved