郡市野球 » 記事詳細
猛暑の熱戦を繰り広げる選手ら=千倉総合運動公園で

TGMなど3回戦へ

安房郡市社会人野球大会の2日目は7日、館山運動公園など3会場で2回戦9試合があり、TGMなど9チームが3回戦に駒を進めた。

昨年ベスト4の南総パイレーツは順当勝ち。同じく4強のやんぐまんずは、コスモスに敗れ、初戦で姿を消した。

大会3日目の14日は、3会場で2、3回戦9試合が予定されている。

〈7日の結果〉

【館山運動公園】

TGM

10215 9

00000 0

倶楽部正木

(五回コールド)

(T)高野―高梨

(倶)岡田―高梨

▽二塁打=川崎幸、高野、南(T)

【審】植松、渡辺均、吉田恵

【戦評】TGMは初回、敵失で出塁の走者を川崎幸の先制二塁打で先行。五回には南の二塁打で2点、なお2死満塁と攻め3点を加え五回コールド勝ち。倶楽部正木は三回まで攻めあぐねていたが、四回に2死満塁と攻めるもタイムリーなく0点に抑えられ敗退する。


ドリームドッグス

01001 2

20241 9

ブラボーズ

(五回コールド)

(ド)出口―横尾

(ブ)大津、島津―山田、寺本

▽本塁打=藤田(ブ)▽三塁打=山口(ブ)▽二塁打=島津、大野(ブ)

【審】井田、小林、袴田

【戦評】ブラボーズは初回、藤田の先頭打者ホームランと山田の安打で2点を先取、三回山口、高橋の安打、犠飛で2点、四回山口の三塁打、2本の二塁打で4点、さらに五回3本の安打で1点を追加し、コールド勝ち。一方、ドリームドッグスは、二回に1点、五回に1点を追加するも残念ながらコールド負け、来季の頑張りに期待する。


館山市役所

4040000 8

0013014 9

南房総市役所

(館)小倉、根橋、鈴木茂―柴田

(南)忍足―林

▽三塁打=小倉(館)川名紀(南)▽二塁打=三平、伊藤(館)川名敬、林、押元(南)

【審】井田、渡辺均、植松

【戦評】館山市役所は初回、小倉、三平、柴田、伊東の長短打で4点、三回には打者一巡で4点と主導権を握る。しかし、南房総市役所は三回に1点、四回には四球、死球、敵失で3点と反撃に移り、七回に川名紀の三塁打と3本の短打で4点と見事な逆転勝ちで勝利。館山市役所は前半の8点を守れず涙をのむ。


【館山市民運動場】

館山信用金庫

20000 2

00216 9

和田チェリー

(五回コールド)

(館)下羽、落合―落合、高木

(和)望月―有田

▽二塁打=安田2、近田晃(和)

【審】渡辺勝、磯部、忍足

【戦評】館山信用金庫は初回、エラーとヒットのランナーを5番渡辺のタイムリーで2点を先取。和田チェリーは三回、安田の二塁打を足掛かりに敵失などで同点。四回は四死球を足場に逆転。五回は3番近田晃の二塁打から四球と犠打を挟んで6連打の猛攻でコールドで初戦を突破した。


南総パイレーツ

3000003 6

0000001 1

ドリームス

(南)黒政―松山

(ド)岡崎、手科―柴本

▽三塁打=松山(南)和田(ド)▽二塁打=松山、安田健(南)

【審】神作、米田、井月、明星

【戦評】南総パイレーツは初回、岩波、川名貴の連打でチャンスをつくり3番松山の三塁打と相手エラーで3点を先取。その後南総パイレーツ黒政、ドリームス岡崎、リリーフした手科投手の好投で六回までこう着状態が続いたが、七回南総パイレーツは、4番安田健の二塁打などで3点を取り試合を決めた。ドリームスは最終回和田の三塁打で完封を免れるのが精いっぱいであった。


コスモス

74010 12

00204 6

やんぐまんず

(コ)大場―山下、鈴木勇

(や)吉原、田辺―小宮

▽三塁打=大場(コ)青山(や)▽二塁打=鈴木勇(コ)加藤(や)

【審】井月、磯部、神作

【戦評】コスモスは初回、相手投手の立ち上がりを攻めて、敵失、暴投を足がかりに5番大場の三塁打など打者一巡の猛攻で7点を先取。二回も相手投手の乱調につけ込み4点を加えた。やんぐまんずは三回に4番青山のヒットなどで2点。五回にも加藤の二塁打、青山の三塁打などで追い上げたが、あまりにも初回の失点が大きすぎ、初戦で敗退は残念。


【千倉総合運動公園】

スネークス

04140 9

10100 2

中里ルーキーズ

(五回コールド)

(ス)藤本―加藤

(中)堀江、畠山、田村―豊崎 ▽三塁打=加藤、安田(ス)▽二塁打=加藤、植松2(ス)

【審】坂原、座間、栖原、岡田

【戦評】中里ルーキーズは初回、死球で出塁した堀江が盗塁の後、川上の中前安打で生還し1点を先取する。スネークスは二回、制球の乱れた相手投手から5四球に加藤の二塁打、さらに安打、犠飛で4点を挙げ逆転する。三回は両者1点ずつ取り合うが、スネークスは四回、安田、植松の長打に松本、加藤の適時打で加点しコールド勝ち。


おくまや

00010 1

8207X 17

館山スタリオンズ

(五回コールド)

(お)鈴木勲、厚海勝―厚海勝、鈴木勲

(館)朝倉、加藤哲―沼里、加藤賢

▽本塁打=平嶋、沼里(館)▽二塁打=、伊藤(お)鈴木剛、加藤賢、加藤哲、加藤智(館)

【審】二之宮、坂原、前田、田中

【戦評】館山スタリオンズは初回、平嶋、沼里の2本のランニングホームランなどで8点を先取。二、四回に長短打、エラーを絡め、おくまやの2投手から大量17点の猛攻でコールド勝ち。対するおくまやは、四回に伊藤のレフトオーバーの二塁打で1点を返し完封を免れるも、初戦突破はならず。


ルーキーズ

2023000 7

1010000 2

プアーズ

(ル)杉田―上田、山口祐

(プ)間立―佐藤正

▽二塁打=杉田(ル)

【審】田中、岡田、坂原、座間

【戦評】ルーキーズは初回、死球と安打の走者を置いて大川が中前安打で2点を先行する。その裏、プアーズは中前安打の五十嵐が相手失策でかえり1点を返す。ルーキーズは三回、2死球と杉田の二塁打で2点を追加、四回にも2安打と犠飛、相手失策で3点を追加する。プアーズは四回以降杉田投手の粘投に後続が無く、ルーキーズが3回戦進出。


【写真説明】猛暑の熱戦を繰り広げる選手ら=千倉総合運動公園で

16年8月8日 38,219
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved