郡市野球 » 記事詳細

那古ファイヤーズ順当勝ち

安房郡市社会人野球大会の3日目は14日、館山運動公園など3会場で2、3回戦9試合があり、岩井SOULなど9チームが3、4回戦に駒を進めた。

昨年優勝の那古ファイヤーズは順当勝ち。昨年ベスト4の南総パイレーツは和田チェリーに敗れ、3回戦で姿を消した。

大会4日目の21日は、館山市民運動場で3回戦3試合が予定されている。

〈14日の結果〉

【館山運動公園】

セーラーズ

000040 4

01151X 8

岩井SOUL

(セ)石崎、石井―戸?、鈴木

(岩)渡辺真、伊藤―小澤真

▽三塁打=山川(セ)▽二塁打=川名、福原(岩)

【審】井田、久保、吉田恵

【戦評】岩井SOULは四球の走者が二盗、三盗し、パスボールで先制。三回に1点、四回2死満塁で川名、福原の二塁打で5点、五回にも1点を加え勝利。一方セーラーズは、四回まで1安打に抑えられていたが、五回、3つの四球を足掛かりにタイムリーと山川の三塁打で4点を反撃したがそれまで。涙をのむ。


シャネルライオンズ

01000 1

42110X 17

平群野球クラブ

(五回コールド)

(シ)吉井―安西

(平)小藤田―安田

▽三塁打=石井、樋田(平)▽二塁打=石井、前田(平)

【審】井田、渡辺均、吉田

【戦評】平群野球クラブは初回、相手投手の制球難とワイルドピッチなどで4点、二回にも2点、三回には4四球と敵失、石井の二塁打、樋田の三塁打の猛攻で11点。五回コールド勝ち。シャネルライオンズは二回に1点をかえすも、その後は走者を出すが続かず無得点。この試合1安打に抑えられ完敗。


マスターズ

101002 4

000100 1

和田TAIKYO

(マ)艫居―宮本

(和)二之宮史―二之宮良

▽三塁打=熊沢(マ)

【審】井田、渡辺均、久保

【戦評】マスターズは安打の宮本が二盗、その後の敵失で1点先取。三回、四球の走者を熊沢の三塁打でかえし2点目。六回にパスボールとスクイズで2点を追加し辛勝。和田TAIKYOは四回、1死二塁で羽山のタイムリーで1点をかえした。五回に2死一、三塁と攻めたが0点。2安打に抑えられた。次に期待する。両軍で5安打は少しさびしい感。


【館山市民運動場】

那古ファイヤーズ

43305 15

00410 5

海自館山

(五回コールド)

(那)小柴、櫻山、高梨―川名

(海)小林―竹原

▽本塁打=大道(那)▽二塁打=羽山2、大道2(那)興梠(海)

【審】神作、磯部、忍足

【戦評】那古ファイヤーズは初回、羽山のヒット、大道の二塁打などで4点を先取し主導権を握った。二回も大道の本塁打などで3点を追加。三回、五回にも敵失や羽山、大道の二塁打などで大量点を挙げて大勝となった。海自館山は興梠の二塁打などで反撃したが、及ばなかった。


TGM

20000 2

2133X 9

ハッピーエンドレス

(五回コールド)

(T)高野、川崎幸―高梨

(ハ)判沢―黒川

▽三塁打=判沢(ハ)▽二塁打=川崎幸(T)

【審】神作、川名、井月

【戦評】TGMは初回、敵失や4番川崎幸の二塁打などで2点を先取。ハッピーエンドレスもその裏、飯沼、黒川のヒットで同点とし、二回に判沢の三塁打で1点を取り勝ち越し。三回、四回にも敵失などで3点ずつを取り毎回得点で圧勝。TGMは先取点を取ったが、判沢投手の巧みな投球に追加点が取れず敗戦。


南房総市役所

003000 3

00116X 8

ブラボーズ

(南)忍足、白井―林

(ブ)寺本俊、島津―山田、寺本大

▽三塁打=高橋(ブ)▽二塁打=能重、川名2(南)寺本大(ブ)

【審】井月、磯部、神作

【戦評】南房総市役所は三回、能重の二塁打を足掛かりに3番白井のタイムリー、7番川名の二塁打で3点を先制。ブラボーズは五回、四死球でつくった満塁のチャンスに4番高橋の三塁打、5番寺本大の二塁打などで大量6点を取って逆転し、そのまま逃げ切る。


【千倉総合運動公園】

南総パイレーツ

2100000 3

040000X 4

和田チェリー

(南)小泉―黒川

(和)安西―角田

▽三塁打=小澤(南)

【審】田中、手科、鈴木美、高梨

【戦評】パイレーツは初回、四球のランナーを5番小澤の右中間三塁打でかえし2点を先制。二回にも岩波のタイムリーで追加点を挙げた。チェリーは二回、相手の守備の乱れから齋藤のタイムリーなどで4点を挙げた。その後、南総パイレーツ小泉、和田チェリー安西が要所を締め、お互いに追加点を許さずゲームセット。


コスモス

0000000 0

100002X 3

スネークス

(コ)山田―山下

(ス)佐藤―加藤

▽本塁打=植松(ス)▽三塁打=松本(ス)▽二塁打=羽鳥(コ)

【審】鈴木弘、鈴木美、安田、坂原

【戦評】スネークスは初回、4番松本のライトオーバー三塁打の間に一塁ランナーが生還して1点を先制。コスモス山田、スネークス佐藤の好投が続く。六回裏にスネークス安田の内野安打、けん制暴投で三塁まで進み、植松の右中間ランニングホームランで2点を追加。スネークスの佐藤は見事な完封であった。


県職安房

0000000 0

003000X 3

房州プレジデント

(県)白井―座間

(房)石井、須田、福田―鈴木和

▽三塁打=鈴木勇(房)▽二塁打=座間(県)

【審】岡田、坂原、鈴木篤、田中

【戦評】房州プレジデントは三回、敵失をきっかけに2アウト満塁のチャンスをつくり、安西、山口の連続安打で3点を先制した。県職安房も六回に2アウト満塁のチャンスがあったが後続を断たれ、得点にはつながらなかった。房州プレジデントは、3投手の継投で県職安房の攻撃を無失点に抑えた。

【写真説明】熱戦を繰り広げる選手ら=館山運動公園で

16年8月17日 32,256
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved