郡市野球 » 記事詳細
大会3日目の攻防=館山運動公園

那古ファなど順当勝ち

安房郡市社会人野球大会の3日目は13日、館山運動公園、千倉総合運動公園野球場で2、3回戦8試合が行われ、館山市役所などが勝ち上がった。

3連覇を狙う那古ファイヤーズはコールド勝ちで準々決勝進出。昨年準優勝のスネークス、王者奪還を狙うマスターズも順当に駒を進めた。

大会4日目の20日は、館山運動公園で3回戦4試合が予定されている。

〈13日の結果〉

【館山運動公園】

那古ファイヤーズ

150004 10

000000 0

和田TAIKYO

(六回コールド)

(那)小柴、川名達、立川―川名幸

(和)中山、二之宮史、小林―二之宮良

▽三塁打=大道(那)▽二塁打=鈴木孝、高梨(那)

【審】井田、吉田、神作、久保

【戦評】那古ファイヤーズは初回、山口聡のタイムリーで先制。二回には、鈴木孝の二塁打、大道の三塁打など長短打4本と相手守備陣の乱れによって5点を入れて試合の流れをつかみ、六回に4点を入れてコールド勝ち。


亀田総合病院

0101000 2

0000001 1

ドリームドッグス

(亀)高木―寺中

(ド)出口―横尾和

▽本塁打=寺中(亀)▽二塁打=出口(ド)

【審】神作、磯部、鈴木美、千田

【戦評】亀田総合病院は二回、寺中の本塁打で先制。四回にも4本の安打で追加点を入れ、高木の好投で、ドリームドッグスの反撃を七回の1点に抑え辛勝。亀田総合病院の若さあふれるはつらつとしたプレーが目立った。今大会の台風の目となるか。


南総パイレーツ

0000000 0

030002X 5

房州プレジデント

(南)黒川、小泉―松山

(房)福田、加藤―鈴木和

▽二塁打=松山(南)安西3、飯田(房)

【審】井田、久保、井月、神作

【戦評】房州プレジデントは二回、四球や相手エラーなどでつくったチャンスで安西が走者一掃の二塁打を放ち先制。六回にも飯田の二塁打などで2点を追加し、優勝候補の一角を力で押し切った。南総パイレーツは再三チャンスをつくるがあと1本が出ず完敗。房州プレジデントの安西の3本の二塁打が光った。


マスターズ

200014 7

000000 0

和田チェリー

(六回コールド)

(マ)艫居―渡辺

(和)遠藤、福原―斉藤

▽本塁打=宇山(マ)▽三塁打=熊沢(マ)

【審】渡辺勝、磯部、井月、井田

【戦評】マスターズは初回、四球とエラーでつくったチャンスでエンドランを仕掛けた。空振りとなったがキャッチャーがファンブルする間に2人が生還し先制。五回に宇山の本塁打、六回には熊沢の三塁打などで4点を入れて優勝候補らしい試合運びでコールド勝ち。和田チェリーは、川名の2安打のみで完敗。


【千倉総合運動公園】

ドナルド

0400322 11

1310140 10

船形クラブ

(ド)鈴木政、高橋、磯辺、星野―磯辺、松坂

(船)三平、鈴木里、加藤―鈴木里、三平

▽本塁打=渡辺、和泉(船)▽三塁打=松坂裕(ド)戸倉2、三平(船)▽二塁打=飯沼2(ド)仲山、和泉、三平(船)

【審】田中、座間、坂原、岡田

【戦評】船形クラブは一回、敵失で出塁したランナーを仲山の二塁打でかえし1点を先制。ドナルドが二回2死からの5連打で逆転するも、船形は和泉、戸倉の長打で同点。五回、ドナルドは飯沼、松坂の連続長打でリード。粘る船形クラブは六回、渡辺、和泉の2者連続本塁打で加点したものの、最終回にドナルドが敵失などを絡めて逆転勝利した。


館山市役所

90320 14

00030 3

セーラーズ

(五回コールド)

(館)根橋、米田、根橋―内藤

(セ)木村、戸高、増田―戸高、八木

▽本塁打=小倉(館)▽三塁打=山本、節田(館)▽二塁打=節田、三平(館)

【審】岡田、鈴木美、山田、濱野

【戦評】 館山市役所は初回から、山本、節田の三塁打とヒットを絡め打者12人の猛攻で9点を先取する。三回には、小倉の2点本塁打、節田、三平の二塁打で3点を奪い試合の主導権を握る。追いかけるセーラーズは、初回から走者を出すも打線がつながらず、得点は四回の3点のみ。セーラーズは3番手の増田の活躍が光った。


TGM

0000020 2

0000021 3

Dream’s

(T)高野海―高梨

(D)岡崎―柴本

▽二塁打=高梨達、植野恵(T)森井(D)

【審】渡邉、山田、坂原、座間

【戦評】TGM・高野、Dream’s・岡崎の両先発の好投で五回までゼロ行進。先制したのはTGM。六回二、三塁から代打の伊藤孝の2点タイムリー二塁打で先制。対するDream’sも森井のタイムリー二塁打とバッテリーのエラーで同点に。迎えた最終回、Dream’sは2つの四球から二、三塁とチャンスを広げ、手科義のタイムリーでサヨナラ勝ち。両投手の好投が光った好ゲームだった。


スネークス

10861 16

00000 0

ルーキーズ

(五回コールド)

(ス)佐藤、石渡―松本

(ル)上田、山口、杉田―小泉

▽本塁打=安田、松本(ス)▽三塁打=川上(ル)▽二塁打=関(ス)【審】(球審)鈴木弘(一塁)濱野(二塁)鈴木美(三塁)小林

【戦評】スネークスは初回、2つのエラーと田畑のタイムリーヒットで1点を先行。対するルーキーズは川上が三塁打を放つも無得点。スネークスは三回、安田の本塁打、関の二塁打、平野のタイムリーヒットなどで8点を追加。四回には松本の満塁本塁打などで6点を追加し試合を決めた。


【写真説明】大会3日目の攻防=館山運動公園

17年8月16日 18,121
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved