郡市野球 » 記事詳細
3回戦進出をかけた熱戦=千倉総合運動公園

亀田病院など3回戦へ

「第14回安房郡市社会人野球大会」は大会2日目の9日、館山運動公園など3会場で1、2回戦12試合があり、昨年ベスト4の那古ファイヤーズ、初出場の亀田総合病院などが3回戦に駒を進めた。

大会3日目は16日、同公園と館山市民運動場の2会場で、2、3回戦8試合が行われる。市民運動場第1試合には昨年の覇者・マスターズが登場する。

〈9日の結果〉

【館山運動公園】

船形クラブ

0000100 1

1020000 3

那古ファイヤーズ

(船)三平大、成田―鈴木里

(那)小柴―鈴木美

【審】井月、松本、渡辺勝

【戦評】那古ファイヤーズは一回の裏、内野安打の高梨を山口の安打でかえし、1点を先行。三回に四球とワイルドピッチなどで2点を追加、逃げ切る。一方、船形クラブは五回、四球の走者を三平大の安打で1点を返すも、以後小柴投手を打ちあぐね残念ながら敗退。


館山オールドスーパースターズ

200310 6

530212 13

スネークス

(六回コールド)

(館)加藤、小林―長谷川

(ス)石井、藤本、佐藤―加藤

▽二塁打=石井(館)安田、池田、関(ス)

【審】久保、千田、鈴木美

【戦評】オールドスーパースターズは一回の表、四球と犠飛、ボークで2点を先行。四回石井の二塁打などで3点、五回に1点。一方、スネークスは一回の裏、安田の二塁打を含む5安打で5点、二回池田の二塁打を含む4安打で3点、以後四回、五回、六回に追加点を挙げコールド勝ち。スーパースターズは小林投手を始め各選手頑張ったが、年齢差か残念ながら敗退。


プアーズ

0100100 2

001020X 3

おくまや

(プ)間立―竹埜

(お)安長―厚海勝

【審】渡辺勝、吉田、小林

【戦評】おくまやは二回に1点先行された後の三回、四球で出塁の走者が内野敵失でかえり同点。五回に2連続安打で2死二、三塁とし外野飛球エラーで2点を挙げ逆転、辛うじて逃げ切る。プアーズは敵失の走者を石井の適時打でかえし、六回には2死満塁と攻めるも決定打なく抑えられ惜敗。


館山ASTY

0000200 2

021002X 5

亀田総合病院

(館)多田羅―岨

(亀)千田―今井

▽二塁打=多田羅(館)志賀(亀)

【審】井月、千田、久保

【戦評】亀田総合病院は二回、四球と敵失で1死二、三塁に石井の適時打で2点、三回にも志賀の二塁打で加点、六回には2本の適時打で2点と試合を決める。館山ASTYは三回まで3人ずつに抑えられていたが、五回死球と敵失のあと多田羅の二塁打で2点と反撃したが、あと抑えられ万事休す。


【館山市民運動場】

ブラボーズ

00100000 1

10000001 2

コスモス

(ブ)大野―山田

(コ)鈴木勇―遠藤

▽二塁打=藤井、村尾、中村(ブ)小林、大場(コ)

【審】神作、忍足、吉田恵

【戦評】南房総市、鋸南町における両雄の激突。初回ブラボーズは先頭打者二塁打の藤田を三塁に送ったが得点ならず、その裏コスモスは先頭二塁打の小林を南がかえし、なお相手投手の制球難から満塁としたが加点できず。ブラボーズは三回、二塁打の中村を高橋がかえし、同点とする。以後散発的に走者を出すものの両チーム得点ならず。特別延長戦に持ち込む。表のブラボーズは鈴木勇投手を攻めきれず最悪の結果に、その裏コスモスは1死後、途中交代の茂木の絶妙なスクイズが決まり、ブラボーズを振り切り緊張の2時間に終止符を打ち、3回戦に歩を進める。


サンマーズJr

1000000 1

100010X 2

館山信用金庫

(サ)下羽―臼井健

(館)落合―高木

▽三塁打=落合(館)▽二塁打=落合(館)

【審】鈴木和、磯辺、鈴木元

【戦評】初回の攻防。サンマーズは、四球敵失で無安打ながら点を取る。館山信用金庫は先頭打者落合が左翼手越えの三塁打に敵失を加え同点とする。以後両チーム同じ様に走者を出すも得点出来ず、館山信用金庫は五回に落合の二塁打を足場に敵失が続き貴重な1点を挙げ、逃げ切る。落合投手の投打の活躍に拍手。


Happy Endless

1003012 7

0001331 8

Dream’s

(H)判沢、牧野―黒川

(D)岡?―鈴木良

▽二塁打=小山、石川(H)磯崎(D)

【審】神作、川名、鈴木元

【戦評】ハッピーエンドレスは初回、四球の走者を小山がかえし、四回には敵失、四球の走者を牧野がかえすなど前半有利に試合を進めたが、四回以降投手の制球の乱れから無安打で点を与えた。終盤七回、石川の二塁打を足場に黒川の安打と敵失で同点としたが、その裏四球と渡、鈴木良に打たれ3回戦への道を断たれた。いずれにしろ四回〜六回の四球の数がくやまれる。ドリームズのねばりの試合を賞賛したい。


岩井SOUL

22025 11

00001 1

中里ルーキーズ

(五回コールド)

(岩)渡辺真、重田―足達

(中)堀江―馬目

▽二塁打=長田、足達、川名海(岩)

【審】井田、渡辺弘、磯辺

【戦評】岩井SOULの活躍は房日新聞で承知はしていたものの改めてその力を見せつけられた思いがした。初回長田の二塁打に2安打と続き、二回には足達、川名の二塁打に死球をはさみ、渡辺がかえし、この回で勝ちを決めたと思われたが、

手を緩めず四回、五回も四球、敵失の走者を走らせ相手チームの小さなミスを点に結び付ける。勝利への意欲はこの大会の目になるチームの1つであろうと思う。


【千倉総合運動公園】

南房総市役所

0100000 1

003200X 5

南総パイレーツ

(市)忍足―林

(パ)黒川、黒政―佐々木

▽三塁打=林2(市)

【審】岡田、栗山、田中、鈴木美

【戦評】南房総市役所は二回、4番林の三塁打から1点を先制。追う南総パイレーツは三回、相手エラーからチャンスを広げ黒川のタイムリー、相手の守備の乱れにより逆転に成功する。四回にも中村のセンター前タイムリーにより2点を挙げ、守っては三回からリリーフした黒政投手が南房総市役所打線を0点に抑え、3回戦に進んだ。


倶楽部正木

67000 13

12003 6

南房総ビッグスターズ

(五回コールド)

(倶)後藤、岡田―高梨

(南)渡邊昭、石井正、加藤卓―小林

▽三塁打=後藤(倶)石井克(南)▽二塁打=岡田(倶)小林(南)

【審】二之宮、鈴木篤、安田、小林

【戦評】倶楽部正木は、初回に石渡のセンター前ヒット、後藤の三塁打、井田のセンター前ヒット、岡田のライト前ヒットの連続安打と失策を絡め6点を先取し、二回には、四死球に岡田のセンターオーバー二塁打を絡め7点の合計13点を得点した。ビッグスターズも、倶楽部正木の先発後藤を攻め、一回、二回と得点し、五回には渡邊のライト前ヒット、続く石井克のセンターオーバー三塁打で3点を得点するも、後続を断たれ、コールドゲームとなった。


スプリーズ

0100001 2

030100X 4

鴨川市役所

(ス)石渡、柴本瑛―鈴木直

(鴨)林―白山

【審】前田、熊澤、鈴木美、田中

【戦評】スプリーズは二回、サードゴロエラーの間に1点を先取。その裏鴨川市役所は、速水、君塚のライト前ヒットで3点を取り逆転。さらに四回にセンター前ヒットの林をバントで送り、その後の速水のレフト前ヒットで1点を追加して、3点差に広げた。スプリーズは二回以降、鴨川市役所先発の林の好投に抑えられていたが、最終回エンドランを成功させ、一、三塁とし、鈴木章のセンター前ヒットで1点を返すなど反撃を見せるが、後続を抑えられる形となった。


ドリームドッグス

3110130 9

0013010 5

館山市役所

(ド)出口―横尾和

(館)秋山、小倉―内藤

▽三塁打=椎須2(ド)

【審】近田、小沢、小沢、山田

【戦評】 ドリームドッグスは初回、満塁から椎須の走者一掃の三塁打で3点先制。二回にも山田直のタイムリーで1点、三回には出口の犠牲フライで1点追加。五回にも椎須の2本目の三塁打を足がかりに1点、六回に寺田のタイムリー2塁打などで3点を追加。試合を有利に進める。一方の館山市役所は、相手守備の乱れにより三回に1点、四回に3点を返すも決定打なく、相手投手出口の要所を締めるピッチングの前にあえなく敗退。


【写真説明】3回戦進出をかけた熱戦=千倉総合運動公園

15年8月10日 29,664
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved