南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:2007郡市野球1日目 2球場7試合で開幕
掲載日時:2007年08月13日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=2

勢ぞろいした50チーム

50チームの精鋭、闘志むき出し

猛暑のなか初日から熱戦

草野球の安房チャンピオンを決める「第6回安房郡市社会人野球大会」(館山市野球連盟、県民センター安房事務所、房日新聞社主催)が12日、開幕した。館山運動公園野球場で開会式が開催され、2か月に及ぶトーナメントがスタートした。

選手宣誓をする井上選手

夏本番の厳しい暑さとなったこの日の開会式。グラウンドには、出場登録をした50チームすべてが勢ぞろい。選手らはプラカードを手に、行進曲にあわせて入場行進。外野側から回り、バックスクリーンから内野に向って行進し、内野側に整列した。

主催者を代表してあいさつに立った房日新聞社の大田和正之社長は「暑い日が続いているが、体調管理に気をつけて試合に臨んで欲しい。明るく、活発に、さわやかな試合を展開し、栄冠を勝ち取るようがんばって欲しい」と選手らを激励した。

優勝トロフィー、優勝カップなどの返還に続いて、ドナルドジャパンの井上正之選手が選手宣誓。「一投一打に魂を込め、明るく、楽しく、熱く、全力プレーすることを誓います」と高らかに誓った。

式後には、同球場、館山市民運動場野球場で1回戦7試合が行われ、両球場で暑い中、早くも熱い戦いを展開。運動公園野球場第3試合では、和田TAIKYOの二之宮国臣投手がノーヒットノーランを達成した。

猛暑のなかの熱戦
猛暑のなかの熱戦

〈12日の成績〉

【館山運動公園】

ブラボーズ

2111002 7

0000200 2

Go―Up

(ブ)松尾、石崎、須藤―須藤―網代

(G)林、乾―加藤健

▽二塁打=渡辺(ブ)

【審】永井、神作、吉田

【戦評】ブラボーズは初回、相手投手の制球難で無死満塁から玉丸の2点タイムリー、二回には、渡辺の二塁打を足がかりに1点を追加し、試合の主導権を握り、その後も加点し初戦を勝つ。Go―Upは五回に2点を返すが、六、七回を3者づつに抑えられ涙をのむ。

おくまや

01000 1

1047X 12

館山信用金庫

(五回コールド)

(お)鈴木勲―厚海

(館)加藤―小宮

▽二塁打=生稲、斉藤(お)斉藤、高木(館)

【審】渡辺勝、飯田、松本

【戦評】館山信用金庫は斉藤の二塁打をバントで送り、ワイルドピッチで先行し、三回は5四死球に、スクイズとワイルドピッチで加点。四回は高木、粕谷、小宮の安打、内野の悪送球、ワイルドピッチで得点し、打者一順で満塁から高木の走者一掃の二塁打でコールド勝ち。おくまやは、生稲の二塁打と伊藤の安打、投手の一塁悪送球で1点かえすのが精一杯。

和田TAIKYO

1010000 2

0000000 0

バッターズ

(和)二之宮―真田靖

(バ)田中―繁田

▽三塁打=松本(和)

【審】神作、鈴木康、児玉

【戦評】和田TAIKYOUは初回、四球と真田靖の安打、二之宮の犠飛で先取し、三回松本の三塁打、投手の悪投で加点する。投げては二之宮投手の6奪三振のノーヒットノーランの快投で完封勝ち。バッターズ田中、角田両投手健闘するも2安打2点に泣く。和田TAIKYO往年の力をとり戻したか。今後の活躍に期待。

入場行進する選手ら
入場行進

菜の花ヤンキース

0101300 5

0000000 0

マリナーズ

(菜)池谷―神子

(マ)丹羽、太田

▽二塁打=秋山、中山典(菜)

【審】松本、渡辺勝、小芝

【戦評】菜の花ヤンキースは二回、3四死球と内野エラーで先取。四回は三瓶の安打を足場に四球を絡め、内野のエラーで加点し、五回2四球にエラーと中山典の二塁打で3点を挙げる。池谷投手被安打2、9奪三振の好投で完封勝ち。マリナーズは、投手の四死球多く、内野の悪送球が重なり、あえなく敗戦。

【館山市民運動場】

KNIGHT’S

00000 0

5130X 9

マスターズ

(五回コールド)

(K)繁田―川上

(マ)笹子―鈴木典

▽二塁打=八代(K)小芝、鈴木典(マ)

【審】井月、山岡、伊介

【戦評】昨年度3チーム連合とはいえ準優勝の実績を持つチームの主力のマスターズは、攻めにソツがなくダークホースの片鱗を見せる。初回、四球、敵失を足場に足を絡め、内外野の失策で得点を重ね、三回には吉田、鈴木元の安打と、鈴木典の二塁打で突き放し勝利を決める。KNIGHT’Sも毎回安打などで走者を出すものの、後続なく初戦で涙をのむ。

優勝のトロフィー返還
トロフィー返還

レッドホークス

0000100 1

210200X 5

館山オールドスーパースターズ

(レ)庄司、原田―福原

(館)川崎、前田―景山

▽二塁打=山口(レ)川崎、?梨(館)

【審】辻、永野、井月

【戦評】館山オールドスーパースターズは、四死球、敵失の走者を盗塁など効果的に進め、初回景山の安打で、二回には川崎の二塁打を三平がかえし、四回にも?梨の二塁打を敵失でかえし試合を決める。一方、レッドホークスも五回反撃したが、川崎投手にかわされ初戦で姿を消す。

南総パイレーツ

03127 13

00000 0

ドナルドジャパン

(五回コールド)

(南)越井―鈴木利

(ド)磯辺、鈴木政―松坂

▽二塁打=鈴木篤、明石2、越井、鈴木利(パ)

【写真説明】勢ぞろいした50チーム=館山運動公園で

【写真説明】選手宣誓をする井上選手

【写真説明】猛暑のなかの熱戦

【写真説明】入場行進する選手ら

【写真説明】優勝のトロフィー返還

元のページに戻る