南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:2007郡市野球―3日目
掲載日時:2007年08月27日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=4

大会第1号の満塁本塁打放つ コスモス茂木選手

「第6回安房郡市社会人野球大会」の3日目は26日、館山運動公園、館山市民運動場両野球場で1回戦7試合(不戦勝2試合含む)があり、1回戦が終了した。

市民運動場第2試合コスモス―倶楽部正木では、コスモスの茂木修選手が、大会第1号となる満塁本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

4日目は9月2日、両球場で2回戦8試合が行われる。市民運動場第1試合には、昨年の覇者・館山市役所が登場する。

26日の成績

【館山運動公園野球場】

南房総市

0000220 4

0000000 0

那古ファイヤーズ

(南)忍足―林

(那)木曽、鈴木康―安西

▽二塁打=関(南)

【審】松本、平嶋、黒川

【戦評】南房総市は一回表、2死満塁と攻めるも無得点に終わる。しかし、五回、エラーと内野安打で出塁の走者を、関の二塁打でかえし、2点を先行。さらに六回、四球の走者を井野の安打で2点を追加。一方、那古ファイヤーズは四回、四球と安打で無死一、二塁とするが、あと1本が出ず、無得点。さらに最終回、先頭打者が安打で出塁するもダブルプレーで無得点、完封され残念。

フェニックス

00011 2

13221 9(五回コールド)

たてやまウィナーズ

(フ)山下、植木、出口―出口、田村

(た)加藤登、岩堀昭―児玉、鈴木康

▽三塁打=岩堀良(た)▽二塁打=島田(フ)、岩堀昭、加藤登(た)

【審】井月、磯部、山岡

【戦評】たてやまウィナーズは一回、安打の岩堀良が盗塁、悪送球、ワイルドピッチでかえり1点、二回、安打、四球と岩堀良の三塁打と鈴木康の安打で3点、三回、石井の安打、岩堀昭の二塁打、飯沼の安打、加藤登の二塁打で2点、五回にも1点を追加、コールドゲーム。一方、フェニックスは四回に1点、五回に1点をかえすも残念ながら敗退。

ウィンドミル

00000 0

40012X 7 (五回コールド)

県職安房

(ウ)青木、笹子―高梨

(県)石堂―八木沢

▽二塁打=岡本(県)

【審】磯部、児玉、黒川

【戦評】県職安房は、1死二、三塁から小林の先制打、さらに相手チームの守備の乱れと、猪瀬のタイムリーで4点を先取。四回には石堂のタイムリー、五回にも岡本の二塁打と四球の走者を置き上野のタイムリーで加点し、コールド勝ち。ウィンドミルは相手投手に2安打に抑えられ初陣を飾れず。

SPREES

00001 1

1810X 10 (五回コールド)

房州プレジデント

(S)畠山、鈴木―小早川

(房)石井、松下―鈴木勇

▽三塁打=安西友(房)▽二塁打=池田(S)

【審】井月、山岡、神作

【戦評】房州プレジデントは初回、先頭打者安西友の三塁打を外野犠飛で先制。二回、四死球で1死満塁とし、四球をはさみ4連続安打と悪送球、野手の悪送球など打者13人で8点を挙げ試合を決める。SPREESは四回まで1安打に抑えられていたが、五回二塁打の池田を小早川のタイムリーで一矢をむくいたが及ばず。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

【館山市民運動場】

第1試合

フライヤーズ(不戦勝)

中里ルーキーズ(棄権)

.

コスモス

57670 25

00000 0(五回コールド)

倶楽部正木

(コ)南、鈴木勇―笠貫

(倶)岡田、井田―秋本

▽本塁打=茂木(コ)▽三塁打=鈴木勇(コ)▽二塁打=大場、笠貫、茂木、村井(コ)

【審】植松、渡辺、辻

【戦評】南房総市野球界の雄で大会屈指の大場投手と大川、笠貫、村井、茂木等の強力打線を誇るコスモスは初回、四球と3失策から茂木の大会1号の満塁本塁打で幕を開け、二回には鈴木勇、大場、笠貫の連続長打で加点、三回にも大場、茂木の2本目の長打を含む5安打、都合13長短打の猛打で、コスモス強しを見せつけた。一方、倶楽部正木は、敗けたとはいえ野球を楽しむ姿はさわやかであった。

第3試合

Kyonan Base Ball Club(不戦勝)

NOSAIぼうそう安房(棄権)

【写真説明】2回戦をかけた熱戦=館山運動公園で

元のページに戻る