南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-7日目-ベスト8 出そろう
掲載日時:2009年09月14日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=31

ドリームドックスを完封した、ルーキーズの鈴木投手=館山運動公園

前回覇者・那古ファイヤーズ惜敗

POORS 粘って逆転勝利

「第8回安房郡市社会人野球大会」の7日目は13日、館山運動公園で3回戦の残り4試合を行い、ベスト8がすべて出そろった。

スネークスは息詰まる延長戦を制し、前回覇者の那古ファイヤーズに勝利。ルーキーズは鈴木投手の好投で、ドリームドックスを下した。POORSはKBCに逆転勝ち。好投手・小藤田を擁する平群野球倶楽部も、菜乃花ヤンキースに競り勝った。

大会8日目は21日、館山運動公園で準々決勝4試合が行われる。

〈13日の成績〉

【館山運動公園】

菜乃花ヤンキース

0000010 1

200000X 2

平群野球倶楽部

(平)小藤田、長谷川―川名

(菜)池谷―神子

【審】佐藤、磯部、平嶋

【戦評】平群野球倶楽部は一回、山野井の安打に四球の走者を川名、小藤田のタイムリーで2点先取。小藤田投手の好投で五回を1安打、六回からは長谷川投手が1点を取られるも、逃げ切った。菜乃花ヤンキースは六回、四球2つに犠打をからめ黒川のタイムリーで反撃するも、二塁走者がレフトの好返球で本塁タッチアウトに。あと1点をとれず敗退したが、健闘は大いにたたえたい。


ドリームドッグス

0000000 0

111200X 5

ルーキーズ

(ド)西藤―厚海

(ル)鈴木―山根

▽二塁打=西藤(ド)高橋(ル)

【審】渡辺勝、吉田茂、児玉

【戦評】ルーキーズは初回内野エラーに鈴木のタイムリー、二回は高橋の二塁打に山口のタイムリー、三回はエラーに小沢の安打、四回は渡辺、山口のタイムリーで2点と毎回得点の5点。鈴木投手が好投して完封勝利した。ドリームドッグスは西藤の二塁打、本間、鈴木の3安打散発で敗退。いつもの若々しさと元気が感じられず、残念な試合だった。


KBC

3000100 4

001050X 6

POORS

(K)小滝秀―岩城

(P)間立―佐藤

▽二塁打=岩城、柴田、手科2(K)

【審】磯部、山岡、佐藤

【戦評】KBCは初回四球を足場に岩城、柴田の二塁打と平田の安打で効率よく3点を先取。五回も手科の二塁打と早川のタイムリーで加点したが、それまで好投していた小滝(秀)投手の五回の突然の乱調で勝利を逃がした。POORSは三回、高橋の安打で1点を返し、五回は内野エラーに乗じ四死球4つに田辺、石井のタイムリーで大量点を得た。間立投手の粘投で逆転勝利は見事。


スネークス

000000018 9

000000014 5

那古ファイヤーズ

(ス)佐藤―関

(那)木曽、小柴―鈴木美

▽三塁打=梶田(ス)鈴木康(那)

【審】渡辺勝、児玉、鈴木基

【戦評】スネークスは佐藤投手の好投が光り、那古を七回まで1安打無失点に抑えた。一方、攻撃では一回の無死満塁、二回、七回の二死満塁のチャンスをいずれも得点できず、0対0で促進ルールの延長へ。スネークスは九回、四死球3つに梶田の三塁打、佐藤、吉野の安打と打線がつながり、大量8点をもぎとって前回覇者の那古を下した。両チームとも好守、好打のナイスゲーム。


【写真説明】ドリームドックスを完封した、ルーキーズの鈴木投手=館山運動公園

元のページに戻る