南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-3日目- 猛暑の中で”お盆決戦”
掲載日時:2011年08月17日(水曜日) 09時50分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=49

好走塁をみせるGO―UPの選手=館山市民運動場で

那古、GO-UPが順当に16強入り

安房郡市社会人野球大会の3日目は14日、館山運動公園、館山市民運動場両野球場で2回戦8試合があり、昨年のベスト4の那古ファイヤーズ、GO―UPなどが3回戦に駒をすすめた。

大会4日目は21日、館山市民運動場で2回戦4試合が行われ、ベスト16が出揃う。

〈14日の成績〉

【館山運動公園】

ルーキーズ

0000000 0

100030X 4

館山市役所

(ル)鈴木―安西、山根―杉田

(館)鈴木茂―佐野

▽二塁打=鈴木茂

【審】佐藤、平嶋、児玉

【戦評】館山市役所は、四球の走者を鈴木茂の二塁打で還して先制。その後攻めあぐんでいたが、あ五回重盗など足をからめた攻めと、石井、伊藤のタイムリーで勝利し、3回戦に進む。一方、ルーキーズは相手の鈴木茂投手に安打2本に抑えられた完敗。


バッターズ

0000100 1

0000000 0

おくまや

(バ)岡本―吉岡志

(お)安長一、川名和― 海祐

▽二塁打=近藤(バ)、厚海(お)

【審】礒部、飯田、佐藤

【戦評】バッターズ・岡本、おくまひゃ・安長一両投手の巧投により、四回まで互いに無得点。バッターズは五回、近藤の二塁打と笹生の安打で貴重な1点を先取。おくまやは、四回と六回に得点のチャンスがあるも、後続ななく無得点。バッターズ・岡本、おくまや・安長一、川名和投手の頑張りにより、緊迫した好ゲームであった。


KBC

2000001 3

0002000 2

館山オールドスーパースターズ

(K)中島―岩城

(館)平野―岩堀

▽三塁打=手科(K)▽三塁打=岩堀(館)

【審】鈴木典、児玉、小柴

【戦評】KBCは初回、安打と四球の走者が重盗で二、三塁とし、タイムリーと押出しで2点先取。七回、先願・手科の三塁打と死球の後、中島のタイムリーで1点をあげ、勝ち越す。オールドスーパーは四回、エラーと四球で1死一、二塁吉田のタイムリーで同意とし、七回安打2本を続け、1死二、三塁にしたが、後続なく境をのむ。オールドスパースターズの奮闘をたたえたい。


那古ファイヤーズ

4102001 8

0060000 6

菜乃花ヤンキース

(那)小柴―鈴木美

(菜)松坂―神子

▽二塁打=金木(菜)

【審】 田、礒部、松本

【戦評】那古ファイヤーズは初回、羽山、上乃園の安打と内野手の送球エラー等で4点を先取。二回、死球と千田の安打で1点を追加一方、菜乃花ヤンキースは三回、2攻め四球と内野安打、さらに金木の二塁打、松坂の安打、内野エラー等で6点をとり逆転。しかし、那古は四回死球内野安打ワイルドピッチ、犠飛で再逆転し勝利。両チーム元気の良い好ゲームであった。


【館山市民球場】

GO―UP

300005 8

000000 0

スプリーズ

(六回コールド)

(G)斉藤晃、星野―斉藤清

(ス)重田、金木―金木、鈴木章

▽二塁打=鈴木健、斉藤晃(G)

【審】渡辺勝、永野、神作

【戦評】GO―UPは、スプリーズ投手の立ち上がりの制球難につけ込み、4四死球に鈴木健の二塁打で3点を先取し、投げては斉藤晃、星野裕投手の継投もはまりスプリーズを2安打に封じ完勝。スプリーズも重田から金木投手への交代により、五回まで得点を許さず健闘するも、六回鈴木敬の安打に斉藤晃の二塁打にワイルドピッチで5点をとられ、コールド敗戦は残念。


シャネルライオンズ

000020 2

030411x 9x

T・G・M

(六回コールド)

(シ)菅原、川名順―吉井翔、川名晃

(T)高梨―座間

▽三塁打=吉井真(シ)、川名順(T)

【審】辻、山岡、吉田恵

【戦評】TGMは二回、高梨、川崎、川名順の安打と四球で3点、四回は四死球と失策、川名順の三塁打で4点。シャネルライオンズは四回まで吉井真の三塁打と2本の単打に抑えられたが五回、安西の安打に四球と吉井真の内野安打で2点をとったが、その裏四球とワイルドピッチで1点、さらに六回内野の失策と吉岡、高梨の連打で1点とられ六回コールド負け。TGMは継投もはまり堂々の勝利。


海自館山

002100 3

200035 10

(六回コールド)

ブラボーズ

(海)小林―後藤

(ブ)松尾、大野―山田、堀込

▽二塁打=高橋(ブ)

【審】神作、渡辺勝、山岡

【戦評】強豪の激突。初回海自館山は、2死球でチャンスをつかむも実らず、その裏でブラボーズは2安打に敵失がからみ2点をあげて優位に立つ。海自館山は、三回に四死球と安打で追いつき、さらに四回には3安打で勝ち越す。しかし、ブラボーズは五、六回と、散発の安打に四死球、勝負を分けた相手の敵失で勝ちを手にした。どんな場面でも黙々と投げる両投手に拍手を送りたい。


丸高ラブリーズ

棄権

不戦勝

和田チェリー


【写真説明】好走塁をみせるGO―UPの選手=館山市民運動場で

元のページに戻る