南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-4日目- 県職安房が敗れる マスターズなど16強入り
掲載日時:2012年08月27日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=60

16強いり目指し熱戦=館山市民運動場

「第11回安房郡市社会人野球大会」の4日目は26日、館山市民運動場で2回戦4試合があり、マスターズなどが16強入りした。

マスターズは第1試合で、前回ベスト4の県職安房を破り、続く第2試合では、中里ルーキーズが、平群野球倶楽部に勝利した。

大会5日目は来月2日、館山運動公園で2回戦4試合、館山市民運動場で3回戦4試合が行われる。

〈26日の結果〉

【館山市民運動場】

マスターズ

1120001 5

0000000 0

県職安房

(マ)宮本―鈴木元、角田、井上

(県)白井、座間―八木沢

▽二塁打=小宮、角田(マ)

【審】井月、鈴木和、干田

【戦評】屈指の好投手、県職安房の白井投手にいつもの姿が見られず、変調で制球に苦しむマウンドであった。マスターズは初回、小宮の二塁打で、三回には鈴木元の二塁打と2つの失策の、数少ないチャンスを点に結び付けたのは、優勝候補の片鱗を見せた一戦であった。特にマスターズ角田投手のノーヒットノーランの力投はさすが館山を代表する投手見事でした。


平群野球倶楽部

0000000 0

000010X 1

中里ルーキーズ

(平)小藤田―山野井

(中)畠山―馬目

▽二塁打=金木(中)

【審】神作、永野、佐藤

【戦評】中里ルーキーズは四回まで小藤田投手に6三振無安打と抑えられたが、五回一死後、金木の二塁打を内野ゴロで三進させバッテリーのミスで1点。この虎の子の得点を畠山投手の粘投で死守し見事な勝利。平群野球倶楽部は、初回四球と安打、失策で満塁。二回も3安打で満塁と攻めたが、いずれも後続が打ちとられ、以後も再三出塁するもタイムリーなく敗退。完封され早くも姿を消した平群野球倶楽部には寂しささえ感じる。


Happy Endless

0002010 3

200003X 5

鴨川エンペラーズ

(H)小山、半沢―鈴木徹

(鴨)岩?、?原―渡辺

▽二塁打=黒川(H)、苅草(鴨)

【審】山岡、磯部、久保

【戦評】両チーム同じような試合展開をたどる。まず初回、鴨川エンペラーズが敵失、四死球、安打で先行すれば、ハッピーエンドレスは四回同じように四死球と安打で同点。五回も失策で勝ち越す。両チームとも走者を残したまま鴨川エンペラーズは6回4安打2四球で塁をうずめ苅込の一打で勝負を決める。両チームとも、残塁が目につき何か策はと思う場面もあった。


館山信用金庫

00000 0

0026X 8

バッターズ

(館)落合―佐藤渉、高木

(バ)岡本―鬼沢

▽二塁打=鬼沢、森(バ)

【審】佐藤、川名、神作

【戦評】二回までは互角と思われたが、バッターズは三回、内野安打2本と2四球に岡本のタイムリーで2点先取。更に四回渡辺、岡本の安打に失策四球と、森、鬼沢の二塁打で計8点。岡本投手が1安打に封ずる好投で五回コールド勝ち。館山信用金庫は代打攻勢も?木の内野安打のみで勝ち目なし。奮闘望む。


【写真説明】16強いり目指し熱戦=館山市民運動場

元のページに戻る