南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-4日目- マスターズなど3回戦へ
掲載日時:2014年08月25日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=84

3回戦進出をかけた戦い=館山市民運動場で

第13回安房郡市社会人野球大会の4日目は24日、館山市民運動場で2回戦4試合があり、マスターズ、コスモス、房州プレジデント、平群野球倶楽部が3回戦進出を決めた。大会5日目は31日、館山運動公園で3回戦4試合、館山市民運動場で2回戦3試合が行われる。

〈24日の結果〉

【館山市民運動場】

和田TAIKYO

00000 0

01002X 12x

マスターズ

(五回コールド)

(和)二ノ宮良、説―庄司

(マ)艫居―矢野

▽本塁打=宇山(マ)▽三塁打=田崎(マ)▽二塁打=二ノ宮良(和)宮本、矢野(マ)

【審】神作、忍足、吉田

【戦評】マスターズは二回、1死満塁で宮本、矢野の連続二塁打、さらに、宇山の3点本塁打と見事な集中打で大量10点。五回コールド勝ち。和田TAIKYOは一、三、五回に走者を出したのみで完敗。元気がなかった。


コスモス

0042003 9

2010100 4

南総パイレーツ

(コ)吉田―笠貫

(南)黒川―平柳

▽本塁打=笠貫(コ)▽三塁打=南政(コ)▽二塁打=山口(コ)小沢2、平柳(南)

【審】井月、礒部、久保

【戦評】南総パイレーツは一回、1死二、三塁から小沢の二塁打で2点先行。コスモスは三回、2死二、三塁にタイムリーと笠貫の2点本塁打で逆転。四回は2死無走者から3連打で2点。七回にも3点のだめ押し。南総パイレーツは、三回に1点、五回に1点、七回には無死満塁と反撃するが、後続を断たれ、健闘およばず。


ルーキーズ

0100001 2

000501X 6

房州プレジデント

(ル)鈴木―杉田

(房)須田、中尾―鈴木和

【審】吉田茂、磯部、神作

【戦評】実力伯仲の対戦。両チームとも前半各回、得点圏に2人ないし3人の走者を出すが、決め手に欠き得点ならず。二回、ルーキーズが、2本安打をつなげ先行すれば、房州プレジデントは遅れて四回、2つの死球と単打4本と犠打で待望の点をまとめる。また六回にも、死球の走者を2安打でかえすなど、会心の試合運びではなかっただろうか。ルーキーズも七回、攻撃パターンが早い回であったら戦況は変わっていたものと思う。来季の健闘を期待したい。


平群野球倶楽部

20640 12

00000 0

GO―UP

(五回コールド)

(平)小藤田―熊沢

(G)平野光、斉藤拓、星野、斉藤晃―星野、林

▽三塁打=田丸、安西(平)▽二塁打=熊沢、石井良2、小藤田(平)

【審】渡辺勝、井月、黒川

【戦評】内房の雄・平群野球倶楽部の戦いとエース小藤田投手の復調が見られるかの一戦。初回、制球定まらぬ平野投手から四球と熊沢の長打で先制。三回には四球で満塁の走者を田丸が一掃、さらに続く2安打の走者を安西の三塁打で返し、一方的な試合となった。復調の小藤田投手は五回まで失策2人の走者、無安打の快投で終わる。


【写真説明】3回戦進出をかけた戦い=館山市民運動場で

元のページに戻る