南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-6日目- 8強出そろう
掲載日時:2014年09月22日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=87

ベスト8入りをかけた戦い=館山運動公園で

いよいよ準々決勝へ

第13回安房郡市社会人野球大会の6日目は21日、館山運動公園で3回戦4試合があり、8強が出そろった。

この日にベスト8入りを決めたのは、房州プレジデント、平群野球倶楽部、ブラボーズ、那古ファイヤーズの4チーム。

大会7日目は28日、同運動公園で準々決勝4試合が行われ、8強が激突する。

〈21日の結果〉

【館山運動公園】

TGM

0001000 1

100012X 4

房州プレジデント

(T)川崎敦―川崎太

(房)須田、出口―鈴木和

▽三塁打=鈴木康(房)▽二塁打=伊藤(T)

【審】神作、渡辺均、吉田恵

【戦評】房州プレジデントは初回、2死二塁からタイムリーで先制、五回、鈴木康の三塁打で1点、六回、相手チームの敵失で2点を加え、須田、出口の継投で反撃をかわし、ベスト8。TGMは、四回に川崎のタイムリーで同点とし、五回、2死満塁と攻めたが、後続なくチャンスをつぶす。毎回走者を出したが、反撃をかわされ残念、涙をのむ。


船形クラブ

0000000 0

000010X 1

平群野球倶楽部

(船)成田―鈴木里

(平)小藤田―熊沢

【審】鈴木和、千田、久保

【戦評】船形クラブ・成田、平群野球倶楽部・小藤田両投手の好投により、緊迫した好ゲームであった。平群野球倶楽部は五回裏、四球出塁の走者を外野犠飛でかえし1点を先取し、逃げ切る。一方、船形クラブの成田投手は無安打に抑える好投をするも敗退、残念な試合であった。


ハッピーエンドレス

00000 0

4040X 8

ブラボーズ

(五回コールド)

(ハ)牧野、判沢―小山、黒川

(ブ)寺本―山田

【審】神作、磯部、桜井

【戦評】ブラボーズは初回、立ち上がりに相手投手の制球難と足をからめた攻撃で4点を先制、三回には打者9人を送り、2四球と3安打で4点を追加、五回コールド勝ち。ハッピーエンドレスは相手投手・寺本に1安打に抑えられ元気なく完敗。


那古ファイヤーズ

4011022 10

0000021 3

館山信用金庫

(那)小柴、川名―鈴木美

(館)落合―鈴木親

▽二塁打=高梨、山口聡、鈴木孝(那)

【審】久保、磯部、神作

【戦評】那古ファイヤーズは一回表、相手投手の立ち上がりを攻め、3本の安打と高梨、山口の各二塁打で4点を先行、三回に鈴木孝の二塁打と外飛で1点、さらに四、六、七回に追加点をあげ勝利。一方、館山信用金庫は、五回まで無得点、六回に2点をとりコールドゲームを逃れるも残念ながら敗退する。


【写真説明】ベスト8入りをかけた戦い=館山運動公園で

元のページに戻る