南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-7日目- 館山勢、4強占める
掲載日時:2014年09月29日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=88

4強入りをかけた戦い=館山運動公園

マスターズ、 館山市役所

房州プレジデント、 那古ファイヤーズ

第13回安房郡市社会人野球大会の7日目は28日、館山運動公園で準々決勝4試合が行われ、4強が決まった。

ベスト4に入ったのは、▽マスターズ▽館山市役所▽房州プレジデント▽那古ファイヤーズ――の館山勢の4チーム。

サヨナラ勝ちの那古をはじめ、いずれも厳しい試合を制して、準決勝進出を決めた。

大会最終日の8日目は、来月5日に同運動公園で準決勝、決勝が行われ、今年のチャンピオンが決まる。

〈28日の結果〉

【館山運動公園】

県職安房

0100000 1

000300X 3

マスターズ

(県)白井―座間

(マ)艫居―渡辺

【審】久保、磯部、渡辺

【戦評】県職安房は二回、1死三塁で内野ゴロの間に得点し先行。マスターズは、三回まで無安打に抑えられていたが、四回1死二、三塁から艫居の2点タイムリーと暴投で3点を挙げ逆転。その後、県職安房を無安打に抑えベスト4に進出。


コスモス

0000010 1

010211X 5

館山市役所

(コ)大場、吉田、山田―鈴木勇、笠貫

(館)秋山―佐野

▽二塁打=大川、高橋、山田(コ)

【審】吉田茂、?梨、黒川

【戦評】館山市役所は二回、四球の走者を伊東の安打でかえし、1点を先行。四回、安打とエラーで2点、五回、六回にも追加点を挙げ勝利。一方、コスモスは、相手秋山投手の軟投を打ちあぐね、走者を出すものの決定打なく五回まで無得点。六回四球の走者を山田の二塁打で1点をかえすが、残念ながら敗退する。


平群野球倶楽部

0000100 1

200000X 2

房州プレジデント

(平)小藤田―熊沢

(房)鈴木康、出口―鈴木和

▽二塁打=鈴木康、出口(房)

【審】神作、磯部、吉田

【戦評】房州プレジデントは初回、鈴木康の二塁打で先取点、さらに内野ゴロの間に1点を加えて先行。二回に2死満塁、三回にも1死満塁と追加得点を狙ったが、決定打なくチャンスをつぶす。鈴木康、出口の継投でうまくかわし辛勝。平群野球倶楽部は五回、併殺くずれで1点をかえし、七回、2死満塁としたが決定打なく惜敗する。


ブラボーズ

3000000 3

1010101x 4

那古ファイヤーズ

(ブ)大野、松尾―堀込

(那)小柴、川名―川名狩野

▽三塁打=中村(ブ)▽二塁打=能城(ブ)?梨(那)

【審】神作、久保、黒川

【戦評】ブラボーズは初回、四球と寺本の安打、中村の三塁打、ワイルドピッチで先行するも、以後川名投手から追加点がとれず。一方、那古ファイヤーズは一回、?梨の二塁打と大道の安打で1点、三回に1点、さらに五回、羽山、鈴木雄の安打、エラーで同点とし、七回?梨の安打と鈴木雄の安打でサヨナラ勝ち。好ゲームであった。


【写真説明】4強入りをかけた戦い=館山運動公園

元のページに戻る