南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 郡市野球 » 印刷専用ページ

タイトル:-4日目- マスターズなど 8強へ名乗り
掲載日時:2015年08月31日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/Yakyu/item.php?iid=95

雨中の熱戦=館山市民運動場

雨で水入り5試合順延

第14回安房郡市社会人野球大会の4日目は30日、館山運動公園、館山市民運動場で3回戦3試合が行われたが、雨天のためその後に予定された5試合は9月6日に順延された。

前回王者のマスターズは、順当に準々決勝入り。初出場の亀田総合病院、強豪・那古ファイヤーズも8強入りした。

〈30日の結果〉

【館山運動公園】

GO―UP

000000 0

330001 7

那古ファイヤーズ

(六回コールド)

(G)斉藤拓、竹内、斉藤清、平野光―林

(那)小柴―住吉、川名

▽三塁打=安西(那)▽二塁打=平野光2(G)

【審】井田、平嶋、和田

【戦評】那古ファイヤーズは初回、相手投手の制球難で4四球で3点、二回には1死満塁に安西の三塁打で3点、試合の主導権を握り、六回無死満塁に外野犠飛で1点をあげ、六回コールド勝ち。一方、GO―UPは毎回走者を出すが、相手の小柴投手にかわされ得点ならず完敗。


【館山市民運動場】

館山信用金庫

00000 0

2304X 9

マスターズ

(五回コールド)

(館)落合―佐藤

(マ)角田、石井、熊沢―宮本、渡辺、立倉

▽三塁打=熊沢(マ)▽二塁打=川名(マ)

【審】神作、川名、忍足

【戦評】マスターズは、初回から相手投手の制球難に加え、守備の乱れをそつなく攻め、確実に点を重ね勝つ。初回4四死球で、二回は川名の二塁打に熊沢の適時打と敵失が続き、四回熊沢の三塁打と四球、エラーで勝ちを決定し、順調に勝ち進む。一方、館山信用金庫は、マスターズの3投手を攻められず無安打で、2四球2エラーで走者を出したが後続も断たれ敗退する。


亀田総合病院

21411 9

01000 1

おくまや

(五回コールド)

(亀)千田―今井

(お)安永―厚海

▽三塁打=緒形2(亀)▽二塁打=宮本(亀)

【審】鈴木和、磯辺、久保

【戦評】二回3点を追うおくまやは、厚海のヒットに3四球で得点、なお絶好のチャンスを迎えながら力及ばず他の回とも千田投手に抑えられる。亀田病院は初回、満塁から千田の安打で先行、三回には投手の乱れが大量点となり、勝ちを決め、さらに四回、五回には緒形の長打で得点を追加し、三回戦を手中に収め、準々決勝に進出を決める。


【写真説明】雨中の熱戦=館山市民運動場

元のページに戻る